憲法9条 護憲 改憲

憲法9条に関する改正及び護憲の議論については多くの疑問をもっています。もちろんわたしは戦争に反対です。しかし、だからと盲目的に憲法9条を守れ!とはいいがたいです。

憲法記念日

憲法9条に対する日本人の対処の仕方は、日本人の特性を如実にあらわしているとわたしは思います。憲法9条は次のように書かれています。

第2章 戦争の放棄

第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

憲法改正、憲法護憲の是非をここで書くつもりはありません。むしろ憲法改正と護憲運動から見える、日本流の建前と本音について論じていきます。憲法9条によりますと、日本は軍隊は持たないと書かれていますが、わたしたちは自衛隊を持っています。(自衛隊に関する法律は1954年7月に制定されました。)憲法上の理解では今まで自衛隊は軍隊ではないと理解されてきましたが、読者の皆様もご承知の通りそれは建前です。もちろん、自衛隊がもっているミサイル、戦車、戦闘機、自動小銃などが、実弾もなくモデルガンのように玩具であれば話は別ですが。

憲法護憲の人たちも自衛隊が軍隊であることは認めています。しかし、一たびそれを公に認めたら地すべり的に右傾化になると恐れているのが現状ではないでしょうか。ゆえに自民党が主張する「憲法9条を守りつつも憲法改正によって自衛隊の存在を明記すること」などは以ての外だと、憲法護憲派の人たちは主張しているわけです。

興味深いことに護憲派の人たちは、自衛隊を全面的になくして全く無防備になれば良いと主張している訳ではありません。いざという時のために自衛隊は確保しておきたいが、それを軍隊として認めたくない、、、ましてや憲法に自衛隊の存在を認めることは決して出来ないと、、、、。非常に面白い?理論です。

憲法改正側の人たちも建前と本音をうまく使い分けていると思います。軍隊は持たないが、自衛隊を憲法の中に組み入れようとしている所に、何とも悩ましい日本人の文化があるのではないでしょうか。

わたしは自衛隊そのものが憲法違反だと考えています。このような私の意見は、日本人流の建前と本音の使い分けを理解していないと解釈されるのです。わたしはここに日本独特の風土と文化、曖昧文化があると思うのです。グレイゾーンを残しておきたいのが日本人です。わびとさびの世界にも通じるものでしょうか。曖昧に残しておいても看過できる世界が日本には文化としてあるのです。憲法9条はまさに日本の文化の象徴ともいえるのではないでしょうか。

護憲派の政治家の方々は日本の防衛についてどのように考えているのか、本音で話してほしいです。「憲法9条を守れ、平和を守れ」だけを言っているだけで政治家が務まるのでしょうか。シングル・イシュー政治では心もとないです。共産党の政治家の皆様、立憲民主党の政治家の皆様が頼りなく見えるのはなぜでしょうか。政治は総体的に物事をみて現実的な優先順位をつけ取捨選択をしていくのでしょう。共産党、立件民主党が、現実的な政治、本音を主張する政治をやってくれれば、国民の心は動くのではないでしょうか。これだけ自民党がだらしないのに、共産党、立件民主党の支持率が上がらないのは、自民党よりも数倍だらしないように、わたしには思えます。

聖書の観点も知ってほしいです。次のページも参考に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5 + 3 =