バプテスマはキリストによって新しく生まれるスタート地点

バプテスマ
Spread the love

クリスチャンはバプテスマによって「新しく生まれる」者として表現されます。バプテスマの意味は何でしょうか。結論から言えば、バプテスマはキリストによって新しく生まれるスタート地点です。

天の国は何よりも大切なものであると、イエスは言っています。では天の国を頂くためには何を私たちはなすべきでしょうか。どのように神に応えるべきでしょうか。キリストとユダヤ人教師の会話を聞いてみましょう。

イエスは答えて言われた。「はっきり言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない。」ニコデモは言った。「年をとった者が、どうして生まれることができましょう。もう一度母親の胎内に入って生まれることができるでしょうか。」イエスはお答えになった。「はっきり言っておく。だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない。 肉から生まれたものは肉である。霊から生まれたものは霊である。 『あなたがたは新たに生まれねばならない』とあなたに言ったことに、驚いてはならない。風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞いても、それがどこから来て、どこへ行くかを知らない。霊から生まれた者も皆そのとおりである。」(ヨハネ3章3節ー8節)

天の国(神の国)に入るためには、新しく生まれ変わる必要があります。もし人生をやり直せるとしたらどんな方法をあなたはとりますか。スポーツ選手が肉体改造して生まれ変わるということを耳にしますが、しかしその肉体もいずれは衰えてしまいます。ゼロからの出発としてやり直せるとしたら何を選ぶでしょうか。なかなか難しい問題です。小学生の時に戻ってやり直すこともできません。様々な失敗をしてしまった後で、過去に戻りやり直すことなど科学の機器では不可能です。タイムマシンは人間の長年の夢ですが、過去があり現在があるという法則は不変の事実でしょう。

ではどうしたらゼロから出発できるのでしょうか。イエス・キリストによれば、新しく生まれるしかありません。その新しく生まれる方法は、神の力によって新しく変えられるということです。水はバプテスマ(洗礼)を指しており、霊とは神の霊を指しています。私たちが人生をやり直したいと考えるなら、まずはイエス・キリストを信じてキリストとともに人生を歩むと決心することが必要です。そしてバプテスマ(洗礼)を受けます。

しかし、人はバプテスマを受けたからといって「新生」が完成したわけではありません。バプテスマは単なる儀式ではありません。終われば弟子が造られたというようなベルトコンベヤーに乗って生産されるものでもありません。キリストの弟子、つまりクリスチャンとして歩むのであれば、日々の生活の中で継続的に新しく生まれ変わる必要があります。キリストの教えを常に心にきざみ、キリストと共に2人3脚で歩いていくのです。悪い習慣をやめて善い習慣を付けていきましょう。このプロセスにおいて、神の力、つまり聖霊によって人は生まれ変わることが出来るのです。

新しく生まれるプロセスは、私たち人間の力や努力によってなされるものではありません。信仰によってキリストと共に歩む過程において、新生が完成されるのです。このプロセスは、クリスチャンになり霊的に成長したいと思う人であれば、例外なく誰もが通るプロセスです。私たちがキリストに委ねる時、新しく生まれるという奇跡が起こると私は考えています。

次のページも参考に。

コメントを残す

Copyright © 2019 聖書入門-キリストを受け入れ人生が変わる

時刻になったので、イエスは食事の席に着かれたが、使徒たちも一緒だった。イエスは言われた。「苦しみを受ける前に、あなたがたと共にこの過越の食事をしたいと、わたしは切に願っていた。言っておくが、神の国で過越が成し遂げられるまで、わたしは決してこの過越の食事をとることはない。」そして、イエスは杯を取り上げ、感謝の祈りを唱えてから言われた。「これを取り、互いに回して飲みなさい。言っておくが、神の国が来るまで、わたしは今後ぶどうの実から作ったものを飲むことは決してあるまい。」

それから、イエスはパンを取り、感謝の祈りを唱えて、それを裂き、使徒たちに与えて言われた。「これは、あなたがたのために与えられるわたしの体である。わたしの記念としてこのように行いなさい。」

食事を終えてから、杯も同じようにして言われた。「この杯は、あなたがたのために流される、わたしの血による新しい契約である。しかし、見よ、わたしを裏切る者が、わたしと一緒に手を食卓に置いている。人の子は、定められたとおり去って行く。だが、人の子を裏切るその者は不幸だ。」そこで使徒たちは、自分たちのうち、いったいだれが、そんなことをしようとしているのかと互いに議論をし始めた(ルカ22章14節ー23節)。