信仰を守る自信がない

バプテスマ
Spread the love

聖書を学びイエス・キリストを信じたいと思っても、クリスチャンにならない理由は何でしょうか。「すべてを捨ててキリストについて行く勇気がない。きちんと信仰を守り通せるかわからない」とおっしゃっている人がいました。この様な方は、人生をキリストに捧げることを誤解しているのかもしれません。すべてを捨てると言っても、自分の家族、子供、親兄弟を見捨てるような事では決してありません。クリスチャン信仰を守り通せるかどうかは、その人が強い意志をもっているかどうかではなく、むしろ信仰の弱い自分を認める事にあると私は思います。

人生の中心がキリストにある

上記のような理由でクリスチャンになれない方は、非常に真摯にクリスチャンになる意味を考えていらしゃいます。クリスチャンの生活は、見た目だけでは一般の方と変わりはないかもしれません。自分を大切にして同じように他の人の気持ちも大切にしていく、思いやりのある生活です。しかし、その態度や行動の根底にあるのが、主イエス・キリストなのです。

キリストがいるから今の自分がいる、キリストが私はしっかりと生きている、キリストがいるから愛に満たされた生活を送れると感謝する生活です。キリストに人生を捧げるとは、キリストの教えに人生の軸足を置くことだと私は思います。

キリストがあなたの信仰を支える

誰も最初から100%の信仰を持っている人はいません。信仰は0%か100%かではないも参照に。クリスチャンとして信仰を保つためには、教会の礼拝に参加してお互いに励まし合ったりすることはもちろん大切です。しかし、ある人が弱い信仰にせよ、キリストを求めていればキリストはその人の信仰を支えてくださいます。

どんなにつらい時でもキリストは私たちのそばにいます。信仰は保つものではなく育っていくものだと思います。キリストの愛に包まれる経験をするに従って信仰は育ちます。

キリストの教えはあなたの人生を変える

キリストの人間革命も参照に。私たちがキリストの教えを素直に実践していくと、何が起こるのでしょうか。人生が変わります。物事、すべての見方が変わります。たとえ強い信仰をもたなくても、素直に実践していけば変えられていくものです。なぜかというと、キリストの教えが非常に実際の生活に息づく実践的な教えだからです。変えられていくのが実感できるでしょう。


Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

three × 5 =

Copyright © 2018 聖書入門-キリストを受け入れ人生が変わる