聖書と進化論の対立軸

聖書と進化論はどんな関係にあるのでしょうか。聖書と科学はどのような関係にあるのでしょうか。聖書がすべての真実、真理を語っており科学が近づいているという創造科学を主張する人たちがいます。その逆に、聖書はまったく非科学的であり多くの矛盾があるという人たちもいます。科学的見地から聖書に矛盾はあるのでしょうか。クリスチャンはどのような意見を持っているのでしょうか。自然から神の創造をみることは出来るでしょうか。クリスチャンは、進化論を肯定するのでしょうか。否定するのでしょうか。科学が聖書の間違いを正すのか、聖書が科学の間違いを正すのでしょうか。これらの疑問について出来るだけ客観的に考え(とは言っても、わたしの主観が入っていますが)答えを導き出していきます。

聖書と進化論の関係は、相反する関係になりがちです。特に創造論と進化論が一番ホットな話題ではないでしょうか。そこでこのページでは聖書と進化論の関係を検証しつつ、創造論と進化論のどちらが正しいのか、真実なのか、両方とも真実なのかを議論していきます。

聖書ファンダメタリストたち(聖書を一字一句を文字通りに受け取ると定義できるでしょう)は、聖書を否定する科学者たちを誹謗し、またその逆に科学者たちは、聖書ファンダメタリストたちを同様に誹謗しているようです。このような関係は双方の間に誤解を生み、軽蔑の念さえ覚えている人も双方にいるかもしれません。実際に、この題材に関する本やInternet上で書かれている事を読むと、そのような嫌悪感または軽蔑を文章から読み取れます。

科学は、私たちが住んでいる世界、宇宙、また人間自身を学び、その中に法則を見つけ、その仕組みを理論的に学ぶ学問です。人は科学によって世界と宇宙と自分自身を理解しようとしています。一方、聖書は神によって創造された世界と宇宙の目的と人間の存在の目的を啓示した書です。クリスチャンは聖書によって世界と宇宙と自分自身を理解しようとします。この2つの理解の間に、違いがある時に問題が発生するのです。

管理人は、聖書と進化論の関係をもっと客観的に見れないものかというchallengeのもとに、これらのページを書いています。聖書と進化論の関係に付随して多くの疑問や質問を読者の皆さんは持っていると思います。たとえば地球の年齢や恐竜の存在などです。これらの疑問に断定的に答えるのはたやすいことですが、聖書の歴史観と現代科学の歴史観の違いを理解せずに答えることは浅はかなことです。これらの疑問は「知的な疑問または探求」であり、そこには盲目的に「これだ」と決め付けるのではなくて、むしろ読者の皆さんに「私の提案」を考えていただければ幸いです。

しかし、管理人は、聖書と進化論の関係に関するすべての疑問に答えられるとは毛頭考えていません。死ぬまで理解できないこと、知らないことがあるでしょう。そのような場合は、率直に「わかりません」と認めるつもりです。人の理屈によって、わからないこともわかったかのように語ることは愚かなことです。

Internet上では、聖書に関する多くのページが開かれ、無神論者からクリスチャンまで(それも違った伝統と教理をもったクリスチャン)、様々な立場の方々がご自分のご意見を書かれています。それらのページに反する意見も数多く寄せられているようです。言論の自由という意味でよい事ですが、建設的な議論というよりは時として論争のようになってしまっています。しかし、このような聖書に関する論争は益のないものです。むしろこのページを読んで、「あー、こういう考え方もあったのか」と気軽に考えていただければ幸いです。

 

聖書と進化論の関係は得てして対立軸になってしまいます。特に創造論と進化論が一番ホットな話題ではないでしょうか。そこでこのページでは聖書と進化論の関係を検証しつつ、創造論と進化論のどちらが正しいのか、真実なのか、両方とも真実なのかを議論していきます。

聖書ファンダメタリストたち(聖書を一字一句を文字通りに受け取ると定義できるでしょう)は、聖書を否定する科学者たちを誹謗し、またその逆に科学者たちは、聖書ファンダメタリストたちを同様に誹謗しているようです。このような関係は双方の間に誤解を生み、軽蔑の念さえ覚えている人も双方にいるかもしれません。実際に、この題材に関する本やInternet上で書かれている事を読むと、時々、そのような嫌悪感または軽蔑を文章から読み取れます。

科学は、私たちが住んでいる世界、宇宙、また人間自身を学び、その中に法則を見つけ、その仕組みを理論的に学ぶ学問です。人は科学によって世界と宇宙と自分自身を理解しようとしています。一方、聖書は神によって創造された世界と宇宙の目的と人間の存在の目的を啓示した書です。クリスチャンは聖書によって世界と宇宙と自分自身を理解しようとします。この2つの理解の間に、違いがある時に問題が発生するのです。

聖書と進化論に関する一連のページは、聖書と進化論の関係をもっと客観的に見れないものかというchallengeのもとに書かれています。聖書と進化論の関係に付随して多くの疑問や質問を読者の皆さんは持っていると思います。たとえば地球の年齢や恐竜の存在などです。これらの疑問に断定的に答えるのはたやすいことですが、聖書の歴史観と現代科学の歴史観の違いを理解せずに答えることは浅はかなことです。これらの疑問は「知的な疑問または探求」であり、そこには盲目的に「これだ」と決め付けるのではなくて、むしろ読者の皆さんに「私の提案」を考えていただければ幸いです。

しかし私は聖書と進化論の関係に関するすべての疑問に答えられるとは毛頭考えていません。私が死ぬまで理解できないこと、知らないことがあるでしょう。そのような場合は、率直に「わかりません」と認めるつもりです。人の理屈によって、わからないこともわかったかのように語ることは愚かなことです。

Internet上では、聖書に関する多くのページが開かれ、無神論者からクリスチャンまで(それも違った伝統と教理をもったクリスチャン)、様々な立場の方々がご自分のご意見を書かれています。それらのページに反する意見も数多く寄せられているようです。言論の自由という意味でよい事ですが、建設的な議論というよりは時として論争のようになってしまっています。しかし、このような聖書に関する論争は益のないものです。むしろこのページを読んで、「あー、こういう考え方もあったのか」と気軽に考えていただければ幸いです。

次のページも参考に。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

20 − 9 =