聖書の読み方3原則

 

聖書は、数千年の長い年月をかけて違った人々によって書かれた多くの書(旧約聖書39、新約聖書27)を一つにまとめたものです。旧約聖書の原文はヘブル語で書かれており、新約聖書はギリシャ語で書かれています。聖書を専門的に学びたい方、たとえば牧師になりたい方は、聖書学科がある大学や神学校へ進学したりします。

しかし、聖書の基本的なメッセージを理解するのにそのような専門的な学びは必要ないと、私は考えています。ここでは聖書を読む時の一般的な注意点として3つの原則を紹介します。

聖書が書かれた時の歴史的背景と文化的背景を理解する

考古学の分野で発見された文献などを解読する場合、それが書かれた時の歴史的背景と文化的背景を理解する必要があります。聖書は数千年前に書かれた文献ですから、聖書を理解する場合も同様です。学者のような専門知識は必要ありませんが、ある程度の初歩的な知識が必要です。世界史を高校でとった方には比較的わかりやすいかもしれません。

しかし、ある程度、前後関係の文脈からその当時の文化を読み取ることも出来ます。たとえば、聖書が書かれた当時の人たちの主食はパンでした。そのパンにまつわるたとえ話をキリストがしています。パンのたとえは、聞いていた人たちにとって、身近に感じわかりやすかったでしょう。

また農業に関するたとえ話もキリストはしています。その理由は、当時、農業は誰でも(国の王でさえ農業をやっていました)家庭でやっていたことだからです。当時の人の誰が聞いてもわかりやすかったのです。これらのキリストのたとえ話は、特別な歴史的文化的な背景を知らずに理解できるのです。

また旧約聖書においては、常識的な範囲内で古代メソポタミア文明が背景にあると理解しておけばいいと思います。特に歴史書は物語として読んでも、(たとえ信仰がなくても)非常に楽しめるものです。特別な知識がなくも理解できるものです。

聖書が書かれた文学的な手法を理解する

聖書は旧約聖書と新約聖書に分かれています。旧約聖書には歴史的な書、詩歌、知恵文学、預言書があります。新約聖書には、キリストが生まれてから十字架上で死んで死から復活したまでを書き記した福音書、初代教会の歴史が記録されている使徒行伝、諸教会に宛てられた手紙が含まれています。

一般的な文献を読む時、文献の種類によって読み方を変えませんか。通り一遍の同じ読み方はしないでしょう。まったく同じ原則が聖書の場合でも当てはまります。旧約聖書の詩編や哀歌であれば普通の詩を読むように、著者の感情や信仰を理解しましょう。旧約聖書には神の民の歴史が書かれています。普通の歴史書を読むように、その史実を素直に受け入れることが必要だと私は思います。

また新約聖書の手紙であれば普通の手紙を読むように、誰が書いて誰に宛てられて書かれたのか、どんな意図で書かれたのか理解することが、正しい解釈のための重要な一歩になってきます。

新約聖書には、たとえで話されている言葉があります。キリストは、「わたしは羊の門である」と言っていますが、もちろん物理的な門を差しているのではありません。キリストはたとえ話・物語で真理を説明しています。それに応じて解釈しましょう。同時に字句通りに解釈すべき教えも多くあります。比喩なのか、文字通り理解すべきなのかは、常識の範囲内で判断できると思います。

前後関係を考え、文脈から外れないように理解する

自分が読んでいる聖書の箇所が長くても短くても、それぞれの文献には文脈があります。たとえば、新約聖書の手紙であれば、理解しようとしている聖句の前後関係を読みとる必要があります。また手紙全体の文脈を考慮に入れて、手紙の各章を読むべきです。

旧約聖書の歴史書であれば、歴史上の出来事の前後関係を考慮にいれて読むべきです。なぜ、どのようにその出来事が起きたのかなどの疑問は、その書全体の文脈からも読むべきだと思います。

最後に一言・・・・・。聖書は創造主なる神のことばです。この書には、人種や文化を問わず、私たちすべての人間に語りかけている真理があります。聖書解釈のもっとも大切な目的は、神は私たちに何を語っているのかという事です。信仰をもっていない人、クリスチャンではない人にとっても、普遍の真理は語られています。心に感じる所は必ずあると私はあると思います。

次のページも読んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

7 + 18 =