過去と未来を過大評価、今日を過小評価

Spread the love

健全で前向きな生き方はどんなものでしょうか。否定的な生き方とはどんなでしょうか。今日という日をどのように生きるべきでしょうか。

どのように自分の人生の過去、現在、未来を捉えるかによって、全然人生模様が違ってきます。健全な生き方のために過去、現在、未来を、どのように捉えたらいいのかを、いっしょに考えてみましょう。過去、現在、未来を考える時、犯しやすい過ちが3つあります。すべての人が、陥りやすい間違いです。


過去に生きる、過去を過大評価してしまう

私たち人間は、過去の失敗を憂いがちです。「もし・・・していたら・・」、「こんな道を選ばなかったら・・・」と考える人は意外に多いのです。


しかし、過去の過ちや失敗を嘆いても何も始まらないでしょう。人生に失敗や過ちはつき物です。成功よりも失敗の数の方が、この人生でははるかに多いのです。失敗は、人生に付き物だからです。失敗がなければ、進歩もないのです。失敗と成功の関係について、様々な名言があります。トーマス・エジソンの名言・格言他の名言・格言


過去の失敗を悔やみ続けると、過去に生き続けることになります。精神的に感情的にも、過去の失敗から抜け出せない状態を自分で作ってしまうのです。実際、歩いている時に後ろばかり向いていたらころんでしまうでしょう。このような人は、過去の失敗を否定的に過大評価してしまい、過去に生き続けてしまいます。悪い循環のスパイラルに入ってしまうのです。


未来に生きる、未来を過大評価してしまう

同時に、私たちは、未来については非常にあいまいに良くなると考えがちです。「大学に行けば・・・変わるだろう」、「会社を辞めれば・・・」、「結婚すれば・・・」などと考えるのです。実際に変わるかもしれません。もし、その目標に向かって今から準備をしていれば、、、変わるでしょう。


ここで現在と未来の関係について考えてみましょう。今日という日が過ぎて明日になれば、今日は昨日になります。この繰り返しが人生です。今日という日は、明日のためにあると言っても良いと思います。だから、日々の生活を、有意義に過ごす必要があるのではないでしょうか。しかし、多くの方々が、まったく逆行したことを行っているのも事実かもしれません。気づいていても、なかなか実行できないでいるもどかしさもあります。


今日という日を過小評価してしまう

ここまで書いたことをまとめてみます。過去は変えられません。実は未来も変えられないのです。変えられるのは今日だけです。今日という日の積み重ねが、未来へつながっているのです。過去の失敗から何かを学び、明日のために今日という日を生きるのです。「失敗は成功の元」というように失敗から学び、過去から習い、自分の居場所を確認しましょう。自分がどこから来て、どこにいて、どこへ進もうとしているのか、地べたにしっかりと足をつけて歩いていく、目標をもって歩いていきましょう。


とは言っても目標を持っていない人、どこへ行くかわからない人、人生の迷路のような状況に置かれている人はたくさんいるかもしれません。そんな人には朗報があります。主イエスは、あなたがどこから来て、どこにいるのか、またどこへ行くのかを指し示してくれるのです。 イエスは言っています。

「私は道であり、真理であり、命です。」(ヨハネ14章6節)

「わたしは世の光です。私に従う者は、決して闇の中を歩むことがなく、命の光を持つのです。」(ヨハネ8章12節)

この方が教えに従えば、健全で前向きな生き方ができます。パチンコのように行き当たりばったりの生き方ではなく、きちんと目標をもって生きていくことができます。


使徒パウロの人生観

使徒パウロは、自分が目指すべき道について、ピリピの手紙3章で次のように書いています。

兄弟たち、わたし自身は既に捕らえたとは思っていません。なすべきことはただ一つ、後ろのものを忘れ、前のものに全身を向けつつ、神がキリスト・イエスによって上へ召して、お与えになる賞を得るために、目標を目指してひたすら走ることです。

だから、わたしたちの中で完全な者はだれでも、このように考えるべきです。しかし、あなたがたに何か別の考えがあるなら、神はそのことをも明らかにしてくださいます。いずれにせよ、わたしたちは到達したところに基づいて進むべきです。(ピリピ3章13節ー16節)

このように書いているからといって、パウロは自分の過去を振り返らずにすべて忘れている訳ではありません(ガラテヤ1章13節ー17節、ピリピ3章4節ー11節)。過去から学び続け、前を向いて日々生きていく。このような生き方が、新しい未来をつくっていくのではないでしょうか。

次のページも読んでみてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

eleven + 20 =