クリスチャンが教会に行くのをやめる理由

Spread the love

クリスチャンが教会に行くのをやめる理由、教会から離れる理由は、人それぞれ違うかもしれません。またその行っている教会の状況によっても違うかもしれません。しかし、大まかに言って、次の3つの理由があると思われます。人間関係に疲れる、プレッシャーを受ける、クリスチャンに偽善的な態度を見てしまう。


1.人間関係に疲れる

教会も人間の集まりであり、そこには当然、人間関係が存在しています。そしていろいろな性格の人、違った背景を持った人、ネガティブな人、ポジティブな人、皮肉っぽい事をつい言ってしまう人、いつも明るい人、いろんな人がいます。そのような状況では、「出来ればこの人は避けたい」と思ってしまうのも理解できます。気を使っているうちに、精神的に疲れてしまうようです。実際、このような経験をして悩んでいる方が大勢いるのに、少し驚きを覚えます。教会が癒しの場ではなくて、余計な重荷を背負いに行っている場になっているとは!


そのような告白をネット上でして相談している方が多くいます。教会に行きたくない理由を、ブログで語っている方もいらっしゃいます。いずれにせよ、健全な教会の姿からほど遠いと私は思います。そのような方々が、本物の教会を見つけられるように祈ってやみません。


2.聖書の教えに忠実に生きるように言われ、プレッシャーを感じてしまう

第二番目の問題も極めて深刻です。といっても聖書の教えに悪い所があるという意味ではありません。私たちの聖書の受け取り方に問題があるのです。

聖書に基づいて牧師が信者に対して、励ましの言葉をかけることは、通常行われていることです。それが度を超すと、プレッシャーをかける事になってしまうのかもしれません。また牧師の何気ない言葉に傷つけられたというのは、日常の出来事のようです。

また教会奉仕もプレッシャーの一つかもしれません。「奉仕をしている人は成長している人」と奨励されます。その逆も真なりです。私も他教会の方から「奉仕に疲れた」という声を聞くこともしばしばあります。

クリスチャン家庭で育ち、しかし今現在は教会には行っていない方が、生まれ育った宗教的なプレッシャーがあった環境を説明しています。さらに聖書の教えに従おうと自らを鼓舞して努力した教会生活において、自分を苦しめてしまった経験を赤裸々に語っています。


このような苦しい体験をしている方は、少なからずいると私には思えます。教会トラウマとも言えるかもしれません。イエス・キリストは、「わたしのくびきは負いやすく荷は軽い」と言っています。重荷を感じてしまうクリスチャンの方は、どこかでキリストの教えを重荷と感じてしまったのかもしれません。だからといって、このような体験をされた方を責めるつもりは、私には毛頭ありません。むしろ、このような方にこそ、手を差し伸べるべきだと思います。


3.牧師を含む教会メンバーに偽善的な態度を見つけてしまう

第三番目の理由は、一番大きな理由かもしれません。この理由を「悩めるクリスチャンの日記」というブログで説明されています。教会に行かなくなる理由として次の3つあると言います。

  • 偽善的なクリスチャンの人格
  • 聖書中心主義
  • 牧師による聖職者独裁制

聖書中心主義によるプレッシャーは、私が挙げた第二番目の理由と同じだと思います。牧師が絶対的な権威を持っているとまで言わなくても、「牧師が言うことは大体何でも正しいと受け取られまかり通ってしまう」教会が多いのは確かでしょう。「もしかしたら違うかも?」と多くの方が思っていても、牧師に逆らうのは、白い目で見られそうだから黙っているということがあるようです。このような教会も健全ではないです。謙虚さを説教している牧師が、反対されると怒ったという場面を、私自身、何度も見てきています。このような態度が偽善的と言われても仕方ありません。

さらに一般のクリスチャンの方にも偽善的な態度があるようです。それは上目線で人を見るということです。上記で紹介したブログでは、次のように書かれています。

最後にはクリスチャンの人格の問題があり、常に人を見下すことなんです。変な意味での正義感があることです。自分の場合、口下手すぎるのが致命的過ぎるほどの欠陥(短所も見方を変えれば長所となるが)で、つねに誤解され続けていて、それが原因で教会で傷つけられることが良くあります。時には怒鳴り散らしたい気持ちになることもあります。

結論

せっかくクリスチャンになられて教会に行き始めて、教会に躓いていては本末転倒です。教会は、良い人間関係を作るのを教えてくれる場であり、その訓練場でもあります。謙虚な態度で、裏表のない純粋な心をもって神を礼拝する場でもあります。そのような場で悪いお手本をいっぱい見たら、気持ちが落ち込むのも無理はありません。教会に行きたくない、教会に行くと逆に落ち込む、と感じるのも無理はありません。


上記に述べた3つの理由は、微妙に絡み合って不健全な教会になっていく土壌を作ってしまっています。三位一体の神である父、子、聖霊が教会の中で働いてくださり、教会を整えてくださり、各クリスチャンが整えられるようにお祈りします。

次のページも参考に。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

1 × 2 =