神の存在を示すもの

Spread the love

聖書は神の存在を科学的に証明しようとして書かれた本ではありませんが、しかし、聖書には神の存在を示す知恵と力が書き示されています。

不義によって真理の働きを妨げる人間のあらゆる不信心と不義に対して、神は天から怒りを現されます。 なぜなら、神について知りうる事柄は、彼らにも明らかだからです。神がそれを示されたのです。 世界が造られたときから、目に見えない神の性質、つまり神の永遠の力と神性は被造物に現れており、これを通して神を知ることができます。従って、彼らには弁解の余地がありません。(ローマ1章18節ー20節)

ここで聖書は神の存在は被造物によって明らかである、と言っています。被造物とは、神によって創造されたものを指しています。つまり、自然にあるものすべてであり、人間もそこに含まれます。(神の創造の不思議)

神の創造と神の知恵と力

そこで、私たちのまわりの自然の営みを観察してみましょう。 まず私たち自身の体を見てみましょう。比較としてコンピューターについて考えてみましょう。現代はコンピューターの時代です。これからもどんどん発達していくでしょう。しかし、どんなに発達しても人間の脳にはかないません。大人の人間の脳の重さは約1.5kg弱です。その小さな脳に、ありとあらゆるコンピューターが行なう以上の考える力、感じる能力が与えられているのです。心臓はどうでしょうか。365日止まらず動いているのです。眠っている時でさえ動いているのです。平均寿命を80才としますと、85年間休まず動いているのです。このようなコンピューターが出現するでしょうか。たとえ出現したとしても、それは人間によって作られたものです。人間の目を見てください。カメラこれは世界中のどんな優秀なカメラでもかないません。どんな時にも自動フォーカスです。それも瞬時にフォーカスできるのです。コンピューターやカメラを見ると、デザインがあるのがわかります。目的があるのを見出せます。そこにはデザイナーがいて当然でしょう。

神の創造と自然の法則

それと同じように私たちの体、手、目を見て、目的を私たちは見出せます。デザイナーがいると確信できるのです。 自然界にはいろいろな物理的な法則があります。ある物を空中に投げれば落ちてきます。法則があればその法則を与えた者がいた、と考えてもおかしくはありません。

たとえば、道路の標識を見てください。その標識を見て、それが元からあったのだと考える人はいませんし、突然そこに降って沸いたように現われた、と考える人もいません。その標識を決めた交通関係の機関があるはずです。同じように、法則があればその法則を与えた方がいるはずです。私たち人間には見えない方です。その方は天地万物を創造された唯一の神です。 生物的な法則もあります。命がどのように生まれるか、人間がいくら研究しても、その法則は人間が与えたものではありません。私たちの体内の細胞が、どのように変化して体を動かしているかも非常に興味深い研究ですが、私たちが法則を与える事は出来ません。そこには必ずその法則を与えた方がいます。

大自然の中の動植物と人間の存在を見てみましょう。アメリカの犬と日本の犬を比べてみましょう。アメリカの犬は、どこか明るくて、アメリカっぽいのでしょうか。日本の犬は、それに比べて控えめで日本っぽいのでしょうか。アメリカの猫はアメリカっぽくて、日本の猫は日本っぽいのでしょうか。そんな事はありません。どの世界に行っても、犬は犬、猫は猫なんです。

町を歩いていると、犬を散歩させている方がいます。そんな風景の中で、大きな犬も小さな犬も、自分の仲間、同じの種類だと、お互いにわかるのは不思議ではありませんか。

実は人間も同じです。肌の色や文化が違っても人間は考えることが、みんな同じです。それぞれの国の世界地図を見ればわかります。その国が真ん中にあるのです。人間が考える事はすべて同じです。自己中心的なのです。

人間は神に似せられて造られた

私たち人間は、神に似せられて創造されました。私たちは神と同じように考えることができます。そして、神と同じように、善悪の判断の基準をもています。人間の基準は、時と場合によって変わりますが、これは私たち人間の自分勝手な発想からきています。

そして、神と同じように感情をもっています。また神と同じように、何かを創り出すことができるのです。椅子、机、PC、携帯、車、いろんな物を造れます。「人間も動物も同じではないか?」と考える人がいますが、人間と動物の違いを比べてみましょう。

動植物と人間の違い

動植物の世界では、弱肉強食は悪ではありません。子孫繁栄という本能のままに動物は生きているのです。しかし、人間社会では、弱肉強食は悪です。弱い人を助けないのは、人間社会では悪です。どこの国、いつの時代でもこれは悪です。なぜなら、人間の心には良心があるからです。

人間は娯楽のために、動物を殺すことも出来ます。お腹がいっぱいのライオンはどうでしょうか。鹿がそばを通っても寝ています。動物は、子孫繁栄の本能のもとに、すべて動いているのです。

人間の創造力と動物の創造力に違いはあるのでしょうか。たとえば、ハチは、ハチの巣を造ることができます。人間がすべての科学技術を使ったとしても、おそらくハチは、人間が作る物よりも精密に作ることが出来るでしょう。しかし、ハチはハチの巣しか造れません。それに特化しているんです。ビーバーは、どうでしょうか。自分の住まいとしてダムを造れます。蚕は糸を作ることが出来ます。クモは、クモの巣を造ることが出来ます。これらの動物や昆虫は、それぞれ特化した技術を持っていますが、それ以外の物は造れません。

人間の創造力はどうでしょうか。人間は、いろいろな物を創り出すことが出来るのです。車、家、いす、机、コンピューター、私たちの身の回りにあるもの、便利な物は、人間の手によって造られました。ところが、人間の創造力は、悪用されてしまいます。また人間自身が、造ったものを悪用してしまったり、処理に困ったりします。その最たる物が原子力です。原子力は、半永久的に電気を生み出す便利なものですが、非常に困ったことに、その核のゴミをどうしたら良いかわからないのです。最悪の使用方法は、原子爆弾です。

私たちの周りの動植物にはもっと不思議なことがあります。牛は、草しか食べません。それでもおいしいミルクを造ったり、肉はステーキとして食べられます。なぜでしょうか。そのように造られているんです。

昔、子供電話相談室というラジオ番組がありました。その中で、ある子どもが、「蚕はなぜ桑の葉っぱしか食べないんですか」と聞きました。その時の回答者は永六輔さんでした。永さんは次のように答えました。「そういうふうに造られているんだよ」と。永さんはクリスチャンではありませんでした。しかし、「造られているんだよ」としか答えようがなかったのです。これを今聞いているあなたも、「動植物はそのように造られているんだ」と答えるしかないかもしれません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

3 × five =