聖霊なる神の働き

Spread the love

管理人が奉仕する教会で、先週から「聖霊なる神の働き」をシリーズで、礼拝メッセージで話をしています。シリーズの内容は

  • 主イエス・キリスト以前の聖霊の働き 2020年6月21日
  • 三位一体の神 2020年6月28日
  • 聖霊なる神と主イエス・キリスト 2020年7月5日
  • 新しい契約と聖霊なる神 2020年7月12日
  • 聖霊の賜物:使徒と私たちの違い 2020年7月19日
  • クリスチャンに働く聖霊の働き 2020年8月2日

「聖霊の働き」は、おそらくキリスト教を分裂させている一つのテーマではないでしょうか。そんな訳で、管理人のメッセージは、必要最低限、ほとんどの教派の人たちが賛同できる点を話していきます。

また、礼拝メッセージでは、「自分の意見である」場合、明確に言うようにしています。

「聖霊の働き」で意見が分かれるのは、次のような争点だと思われます。

  • 聖霊のバプテスマ 限られた人たちだけが、聖霊のバプテスマを受ける。すべてのクリスチャンが聖霊のバプテスマを受ける訳ではない。
  • 異言は聖霊のバプテスマの印 聖霊のバプテスマを受けた人たちは、その証として異言を話し出す。
  • 聖霊はいつ与えられるのか
  • 聖霊の賜物 聖霊のバプテスマを受けた人々は、超自然的な賜物を受ける

「聖霊の働き」の理解の違いは、聖書解釈の違いから起因しています。

クリスチャンは、聖書を通してこの世の中を理解します。たとえば、この世に悪がはびこっていれば、クリスチャンは「人間の罪が原因である」と考えます。私たちが住んでいるこの地球、人間を含めた自然は、神によって創造されたと考えます。これが一般的なクリスチャンの世界観です。

同時に、クリスチャンは、自分の体験や経験を通して聖書を解釈します。「聖霊の働き」の解釈も例外ではありません。不思議な体験をした人は、その体験に基づいて聖書を解釈するかもしれません。もしかしたら、聖霊の働きと解釈するかもしれません。

管理人は、総体的に「聖霊の働き」を考えていき、礼拝メッセージでお話します。