被害者意識から解放され霊的な成長を経験

Spread the love

人生には様々な困難が付き物。特に人間関係で苦しめられ、裏切られ、騙され、いじめられた人は、心の傷をそのまま引きずっていることが多い。そして、その相手を恨み続けている場合がある。しかし、この心の持ち方は成長を止めてしまう。


他の人を赦す

「あの人にひどいことをされた。悔しい。憎たらしい」といった感情は、心を蝕んでいく。心を疲れさせる。相手に悪意があったとしても、まずは自分の為にその人を赦すこと。これは、心が癒されるための第一歩だ。

人間に完全な人などいないのだ。あなた自身も含めて、みんな間違い、過ちを犯す。誤解を招くようなことを言ってしまったり、善意でやったつもりが、まったく逆に受け取られてしまったのようなことはよくあるものだ。

過去を消し去ることはできない。記憶から消し去ることもできない。しかし、その相手を赦すことはできる。たとえ、その相手は謝罪しなくても、その人を赦す。これが心の平安の出発点。

主イエス・キリストがあなたを赦しているのだから

主イエスはあなたに言っている。「わたしはあなたを罪に定めない。あなたの罪は赦された。だから、罪から抜け出しなさい」と。被害者意識という鎖は解かれたのだ。逆戻りしてはいけない。主イエスはあなたを赦しているのだから、あなたは他の人を赦せるのだ。

ここに人間性回復の鍵がある。人間が罪の奴隷から解放される鍵がある。「重荷を負っている者、疲れている者はわたしの下にきなさい。わたしから学びなさい。そうすれば安らぎが得られる」と言っている。主イエスから学び、人を赦すことを学ぶ、これを実践すれば人は必ず成長する。そして、自分自身を赦すことも出来るのだ。


自分自身を赦す

自分自身を赦す

違った景色を見てみよう。自分の人生も同じだ。違った観点から見てみよう。

編集中です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

nineteen − 1 =