狂った世の中にいるサタンの働き

Spread the love

悪魔であるサタンは、この狂った世の中をつくっています。サタンは、創造主なる神の支配下にしますが、霊的にこの世の中を影響している支配者でもあります。では、この世の中でのサタンの働きをヨブ記から観察してみましょう。wikipedia サタン

ヨブ記1章ー2章をクリック

自然が人間に猛威をふるう時

アダムとエバがを犯した後、神はアダムに言います。「お前は女の声に従い取って食べるなと命じた木から食べた。お前のゆえに、土は呪われるものとなった。お前は、生涯食べ物を得ようと苦しむ。お前に対して土は茨とあざみを生えいでさせる。野の草を食べようとするお前に。お前は顔に汗を流してパンを得る。土に返るときまで。」(創世記3・17-19)この時から自然が人間に対して猛威をふるうようになったのです。

サタンは、ヨブを苦しめるために自然災害をおこし、ヨブの全財産を破壊してしまいます。

私たち人間はロボットではありません。自由意志を持っています。この世で神を信頼して生きるか、サタンの誘惑にそそのかされて生きるかは、私たち次第です。神は、私たち人間の尊厳を守るためにサタンの行いを容認しています。今日、自然災害は自然の摂理と共にサタンによってもたらされています。

しかし、神は、助けを求めて祈る人間に対して、憐れみをもって答えます。

死と病が人間を苦しめる時

「死は最後の敵である」(1コリント15・26)と書かれています。アダムとエバが罪を犯した後、すべての人間に死が訪れました。人間はこの地で永遠に生きる事はありません。死はサタンによってもたらされました。

さらにすべての人間が、経験する病気もサタンにもたらされました。ヨブは、サタンに苦しめられ皮膚病に苦します。さらに、腰が曲がったままの女性を、キリストは「18年もの間サタンに縛られていた」と病気の原因を説明しています。

神の支配とサタンの働き

サタンは、この世の支配者です。人々の心が悪魔の誘惑にそそのかされて、狂った世の中になっています。これはサタンの働きです。クリスチャンが立ち向かうこの世の戦いは、血肉である人間が敵ではありません。エペソ6・10-18を読んでみましょう。

最後に言う。主に依り頼み、その偉大な力によって強くなりなさい。悪魔の策略に対抗して立つことができるように、神の武具を身に着けなさい。わたしたちの戦いは、血肉を相手にするものではなく、支配と権威、暗闇の世界の支配者、天にいる悪の諸霊を相手にするものなのです。だから、邪悪な日によく抵抗し、すべてを成し遂げて、しっかりと立つことができるように、神の武具を身に着けなさい。立って、真理を帯として腰に締め、正義を胸当てとして着け、平和の福音を告げる準備を履物としなさい。なおその上に、信仰を盾として取りなさい。それによって、悪い者の放つ火の矢をことごとく消すことができるのです。また、救いを兜としてかぶり、霊の剣、すなわち神の言葉を取りなさい。
6:18 どのような時にも、“霊”に助けられて祈り、願い求め、すべての聖なる者たちのために、絶えず目を覚まして根気よく祈り続けなさい。

神は、霊的な戦いに打ち勝つために、私たちに神の武具を与えてくださっています。私たち人間の力や知恵では、サタンに打ち勝つことはできません。だから、神を信頼して生きていきましょう。

サタンの起源と滅亡も参考に

Author: 野々垣 正信

東京都福生市にある横田キリストの教会で、主イエス・キリストに仕え教会で働いています。隣の市の羽村市在住。妻、2人の子供。

コメントを残す