創世記3章に見る悪魔が人間をだます策略

Spread the love

創世記3章から悪魔(the Devil)の働きを考えてみましょう。どのように悪魔は人間をだまし惑わすのでしょうか。悪魔は、人類が創造されて以来、私たち人間たちをだまし続けてきました。悪魔の策略を知りましょう。

まず[sg_popup id=”7510″ event=”click”]創世記3章1節ー15節[/sg_popup]を読みましょう。悪魔に関するWikiの記事は興味深いです。

蛇の存在

「悪魔は年を経た蛇」と黙示録12・9で描写されています。これは創世記3章から引用されているものと思われます。さて創世記3章では、蛇がエバに話しています。これをどのように解釈すべきでしょうか。いくつかの可能性があります。
  1. 古代メソポタミアの宗教では、蛇が礼拝の対象物としてされていました。そのような偶像が考古学の分野で多く発見されています。創世記の著者は、異教の宗教の偶像を揶揄するために、蛇を人間をだます悪魔として比喩的に用いたかもしれません。
  2. 現在の蛇のかたちになる前に、蛇は人間と話すことが出来ました。蛇の罪の結果、蛇は地面を這うようになったのかもしれません。
  3. 蛇は、人間をだますための悪魔の道具として用いらている。蛇が人間のことばを話すことが出来たか出来なかったか、または字義通りの解釈か比喩的な解釈か、どちらにせよ、創世記3章の蛇の背後には悪魔の力が働いているという意味に間違いはありません。

https://en.wikipedia.org/wiki/Ningishzida

管理人は、#3の解釈が一番適切な解釈だと思います。悪魔は、21世紀の現代においても活発に働き、私たち人間を神から離れさせ社会全体を混乱させ、人間同士が敵対してお互いを滅ぼす社会をつくろうとしています。では、悪魔は、どのようにアダムとエバをだましたのでしょうか。

悪魔が人間をだます策略

悪魔は3つの策略を用いて私たちをだまし、神から離れさせようとします。

神のことばを疑わせる

神はアダムとエバに「善悪の知識の木からは食べてはいけない。食べると必ず死んでしまう」と言いました。ところが、悪魔は真っ向からそれを否定します。これが最初の策略です。神のことば、約束、契約、すべてを否定するのです。「神のことばに真理はないし、神はあなた方の幸せなど考えていない。あなたを祝福しようとは考えてない。自分で祝福をつかむしかないよ。」と言っています。悪魔のこの誘惑の言葉によって、第二の攻撃をしてきます。

私たちの欲望をくすぐる

悪魔は、私たちの心に欲望の種を植え育てるのです。「それを食べると、目が開け、神のように善悪を知るようになる」と悪魔から聞いた時に、エバの心は唆されます。善悪の木の実は美味しそうに見え善悪を知り神のようになれると、エバはここで自分の欲望とプライドに動かされてしまいます。エバが実際にこの木の実から食べても死なないので、そばで見ていたアダムも安心して食べてしまいます。(男性はずるいですね。)ここで次に究極の策略を悪魔は放ちます。

神から離れても生きていけると思わせる

アダムとエバは、悪魔に騙されつつと知っていても、その誘惑に誘われるままに進みます。つまり、神の教えと戒めに従わなくても生きていける、幸せになれると考えたからです。悪魔は、エバに最初に言葉をかけてから罪を犯させるまで周到な作戦を持って、「神から離れても生きていける。幸せになれる。自分の思い通りに生きたい」と思わせたのです。

実は、このプロセスは私たち現代人にも当てはまります。悪魔の働きについて、次の記事では、主キリストが誘惑されたマタイ3章1節―11節の記事から考えてみます。

関連ページ 人間の罪

 

 

 

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

five × five =