マタイ5章4節-悲しむ人

Spread the love

悲しむ人々は、幸いである、/その人たちは慰められる。(マタイ5章4節)

上記の聖句はマタイの福音書5章4節からの引用です。この言葉は非常に意味深いものですが、誤解もされやすいです。素直な心でまっすぐにキリストの言葉を聞けば意外とすんなりわかるものです。この言葉の意味を考え実生活にあてはめて考えましょう。

人生には悲しむべきことが多すぎます。悲劇と思えることが多すぎます。そんな人間の苦しみをご存知のキリストは、慰めの言葉を与えてくださっています。一番悲しく感じるのは自分が愛する人が、子供であれ親であれ亡くなってしまった時ではないでしょうか。この様な時、悲しみは誰によって慰めされるのでしょうか。多くの方々、友人、親類の方々が慰めの言葉をかけるでしょう。

しかし、問題は悲しんでいる本人が、その悲しみをどこに向けるかということです。仏教の葬式では「御仏に委ねなさい」ということになります。それぞれの宗教にはその神仏がいてそのような悲しみを取り去ると教えられているようです。

神によって創造された本来の人間の姿は、そのような悲しみを創造主なる神に向けるべきだと聖書は教えています。本当の本物の慰め主は、天にいらっしゃる神です。

私たちの周りには、人間の死の他にも多くの辛いことがあります。途方にくれてしまう、すごいプレッシャーで泣きそうになることもあるかもしれません。悲しみの心と共にすべてを神に打ち明けましょう。キリストの名によって悲しみを創造主なる神に訴えるのです。その時、その人は慰められるのです。

キリストを信じる人は、人生において悲しみがあることを承知しており、死は人間の宿命であることを知っています。しかし、それでもキリスト者の心には平安があるのです。キリストにあって、希望と確信を持てるのです。なぜでしょうか。キリストは一度死んでその死から復活を遂げて、現在、天においてすべての霊的な世界、全宇宙、全世界を支配しておられるからです。この方は、すべてを裁くために再臨されます。私たち人間にまた現れて新しい天と地を創造されます。これは紛れもない真実です。

クリスチャンはキリストを心から信じて神の愛を経験しているから、確信をもてるのです。あなたもその愛を知ってみませんか。

次のページも参考にして。気に入ったらFacebookで拡散、いいねをお願いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

1 × three =